カテゴリー

 

トップ > 日本酒 > 南部美人 特別純米酒 / IWC 2017 Champion Sake 受賞 720ml
日本酒 > 南部美人 > 南部美人 特別純米酒 / IWC 2017 Champion Sake 受賞 720ml

岩手|日本

南部美人 特別純米酒 / IWC 2017 Champion Sake 受賞 720ml

特別純米酒は、南部美人の定番なお酒です。 地元、岩手県二戸市産の特別栽培米「ぎんおとめ」を主原料としています。ふわっとやさしい果実の香りと上品な米の旨みで後味すっきり。幅広い料理に合う究極の食中酒を目指して造ったお酒です。
 
原料米
ぎんおとめ、他
精米歩合
0.55
アルコール度
15〜16
日本酒度
+4
酸度
1.5
JANコード
4934228503134
商品コード : 1012103133400
製造元 : 南部美人
希望小売価格 : 1,650 円(税込)
数量:
在庫あり
 

配送について

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

▶生産者情報

南部美人 岩手県二戸

創業は明治35年(1902年)ですが、「南部美人」という銘柄は昭和26年(1951年)に、当時二戸税務署長を勤めておられた故伊藤正署長と弊社の前会長の故久慈秀雄が、全国的に精米歩合も低く雑味の多い甘い酒が主流の中で、「綺麗で美しい酒を造りたい」という思いと、岩手県二戸市は昔から南部の国と称し呼ばれており、素晴らしい自然、風土と豊富な水の恩恵に恵まれた土地で、このことから地名の南部と綺麗で美しい酒質イメージから「南部美人」と命名しました。

技術の伝承と究極の酒造り
その南部美人を醸しているのが、若き南部杜氏の松森淳次です。五代目蔵元久慈浩介とともに、「現代の名工」といわれた先代杜氏の故山口一氏の技術と酒造りへの心をしっかりと受け継ぎ、「温故知新」を合言葉に日々酒造りに邁進しています。
松森杜氏と五代目蔵元久慈浩介の両名は、岩手県が認定する「青年卓越技能者表彰」を受けており、このような例は岩手では無く、高い技術力を評価されています。
松森杜氏は、全国新酒鑑評会では、6年連続金賞受賞をはじめ、全米日本酒鑑評会やモンドセレクションで金賞など日本国内外で高い評価を受けています。

南部美人は、日本三大杜氏の筆頭に数えられる南部杜氏の洗練された技術と伝統を現在に受け継ぎ、「酒造りは何年やっても、毎年が一年生。」という言葉を胸に酒造りに実直に取り組んでいます。技術と伝統を受け継いだ蔵人たちは、地域密着の農商工連携による地産地消の日本酒造りに取り組むだけでなく、現代の健康志向に対応すべく、糖類甘味料を一切使わない日本酒製法の技術を応用した糖類無添加リキュールの開発に挑戦し、商品化に成功しました。 その製造技術は、「果実リキュールの製造方法及び果実リキュール」として、特許を取得することができました。1997年から海外への進出に積極的に挑戦し、今では多数の国々へ「サザンビューティー」の名称で親しまれるようになりました。 さらに、2013年には海外での安心安全の基準と言われるユダヤ教の教義に則った証である「コーシャ(kosher)」認定を「日本酒」と「糖類無添加梅酒」で同時に取得しました。このように南部美人は、古くから伝わる伝統と新しい技術などの取り組みによって、これからも「綺麗で美しい酒」をつくり続けて行きたいと考えています。
 

ページトップへ