カテゴリー

 

トップ > ワイン-種類でさがす > 白ワイン > 辛口 > カンタロス2016 極力自然に「葡萄」を育てるこだわり
ワイン-産地でさがす > イタリア > カンタロス2016 極力自然に「葡萄」を育てるこだわり
ワイン-希望小売価格でさがす > 3001円以上 > カンタロス2016 極力自然に「葡萄」を育てるこだわり
ワイン-産地でさがす > イタリア > 中部イタリア > モリーゼ > カンタロス2016 極力自然に「葡萄」を育てるこだわり

2016年|イタリア デューヴァ

カンタロス2016 極力自然に「葡萄」を育てるこだわり

KANTHAROS 2016
モリーゼの素朴な味わいを表現するこだわり

評価・受賞
☆ 

掲載メディア

商品情報
トロピカル・フルーツ、特にパイナップルのアロマがよく感じられます。白ワインとしては収斂性もありフルボディです。
容量
750ml
原産地呼称
D.O.C. TREBBIANO DEL MOLISE  
品種
トレッビアーノ90%、マルヴァジア10%
醸造
熟成:ステンレスタンク6ヶ月
アルコール度数
JANコード
4589768260759
商品コード : 1012110801000
製造元 : デューヴァ
希望小売価格 : 3,190 円(税込)
会員登録してログインするとお得な価格が表示されます。
数量:
在庫あり
 

配送について

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

▶生産者情報

D'UVA デューヴァ / モリーゼ州
1944から葡萄を栽培していましたが、収獲した葡萄は全て共同組合に売っており、自社瓶詰めワインを造るようになったのは2001年からという家族経営の生産者です。
デューヴァ
2001年から2004年までエノロゴにルカ・ダットーマを採用しておりその期間に葡萄の改植等のアドバイスを受けた事によって劇的に品質が向上し注目を集めるようになります。
苗字「D’UVA」とはUVA→[英grape]葡萄 という意味
現地でも「ブドウさんが葡萄を栽培している」と評判です。

 
 
 
☆極力自然に「葡萄」を育てるこだわり
デューヴァの一番のこだわりである「葡萄の味を素直にワインに表現する」為に、葡萄の栽培は極力自然に任せ、害虫駆除に農薬の散布は一切行わずに、砂糖と牛乳を混ぜて造った特製の液体を畑に散布することにより、葡萄に一切危害を加えない肉食の昆虫を集め害虫を食べさせ駆除を行います。
 
デューヴァ
 

☆モリーゼの素朴な味わいを表現するこだわり
「アメリカ市場にうけるワインを造りたいなら新樽の風味を強くすればいいが それではワインの個性が無くなってしまい全てが似た味わいになってしまう。 あくまでも、自分たちの土地の個性を残しながら良質なワインを造る。」というポリシーから、あえて樽はあまり使わず、SO2の使用も極力控え葡萄本来の味わいを表現しております。
 
 
スローワイン掲載文章抜粋
生産者情報
苗字からこの家族とワインの深い関係を想像するが、自社ワイン造りを始めたのは2001年からだ。
デューヴァ家は以前は葡萄は協同組合に売っていた。
その後父親から継いだアンジェロが葡萄畑やセラーの修復に出資する決意をした。
 
畑情報
畑は標高250mにあり、海が近い。
土壌に粘土、泥土、カリウムが豊かに入っており、ワインに特別なストラクチャーが加わる。
畑の総面積は15ha、仕立てはテンドーネ。
トレビアーノは80年代、モンテプルチアーノとカベルネ・ソーヴィニヨンは2000年に植えられた。
 
ワイン情報
試行錯誤を繰り返し、現在はドナート・ディ・トンマーゾの指示に基づいてクオリティーが安定してきた。
 
 
☆ワイナート33号巻頭特集掲載
ワイナート33号はイタリアワイン特集として「わかる!イタリアワイン」と題しイタリア全20州を丁寧に解説しております。
各州2本ずつその州の特性を読み解く上での代表されるワインが紹介されております。
 
モリーゼ州の代表としてデューヴァのティンティリア2004が紹介されております。
デューヴァ
 

ページトップへ